車買取査定ナビゲーション
 
 

MENU

自己破産と車の査定

自己破産してしまったとき、愛車はどうなるのでしょうか。自己破産すると自らの資産や債務を整理しなくてはなりません。そのとき、車をどうすれば良いのかは多くの方が抱く疑問のようです。特に地方に住んでいると車は必需品なので、なかなか手放すことができませんよね。では自己破産時の自動車の取り扱いについてご紹介しましょう。

まずはローンが残っていない場合です。下取り価格が20万円に届かなければ、車を手放す必要はありません。下取り価格は中古車業者に評価してもらいます。評価額が出たら、査定書を提出しましょう。ローンが残っている場合は、ローン債務者が引き揚げます。ローン債務者が売却し、ローンの残債から売却金額を引きます。残高は破産債権となります。

ローン債務者は車の査定を行い、評価額を出します。この金額で身近な配偶者や家族に買い取ってもらう事で、家に車を残すこともできます。どうしても車が生活に必要であるといった場合は、こうした方法もあることを思い出してくださいね。自己破産によって車を売却しなければならない場合は、ローン債務者や債務整理の弁護士との交渉が必要となります。自己破産の申告はなかなか大変で、精神的にも参るものですよね。でも愛車を正しく手元に残せるよう、必要な手続きは忘れずに行ってくださいね。

◎車査定車買取関連メモ◎

しかし、ローン会社としては車を売却する事でお金に換えて、返済にあてるわけですから 早く引上げたいというのが本音です。 また、カーローンが残っていない場合でも、車を 売却しそのお金を債権者に分配する必要があります。 したがって、自己破産の場合には 一...
債務整理で車を残す方法~自己破産や個人再生は ... - 債務整理デメリット
自己破産をする際に、20万円以上の財産を所有していると処分しなければなりません。 これは、自家用車にもいえることで、交通機関が発達しておらず車が移動手段として 必需品となっているような地域でも該当します。 生活する上で車を足...
自己破産すると車はどうなるか | ライフエージェントの任意売却ブログ

 
Copyright (C) 車買取査定ナビゲーションAll Rights Reserved.